30代という年齢は幅広い選択肢を期待させてくれる

af9920042623l
・30代の転職について

転職を考える人が増え始めるのが30代という年齢です。
20代の転職はどうしても「会社に適応できなかった」というイメージがありますが、10年以上会社に勤めての転職が多い30代はその辺は20代よりも有利に働く可能性があり、単純に年齢だけで転職有利に働くということは今の時代では考えにくいです。

大手家電メーカーでの大規模リストラがあり、景気の状況も決して良いとは言えませんが、だからこそ転職者に求めることはより実践的になってきました。
どの会社も少数精鋭をイメージしていますから若さだけではなく「経験」を重要視しています。

・30代の転職に求められるもの

転職はどの世代でもありますが、求められるものが微妙に異なります。
30代はどの世代の中でもバランスが取れた世代です。
一つの会社で経験した年数や、年齢の問題などを考えても単純に65歳定年までに30年以上は働けます。
その点は20代に劣りませんし、40代のように家族を持ち融通の利きにくくなる世代よりも自由度が高いです。

30代であれ、どの世代にも転職者には求められることがあります。
それが「どれくらい会社に貢献してくれるのか」です。
当たり前ですが、今日採用されて明日から会社に利益をもたらしてくれるような即戦力であり、前の職場での経験を新しい会社にもたらしてくれるいい意味で化学反応を期待されています。

・30代の転職者へ

転職活動は短期決戦と言われますから準備は重要ですが、何よりも自分の能力についてもう一度見直すことも需要です。

異業種への転職はどの世代でも大変です。
前の職場の経験が活かしにくいですし、下手すると自分が潰れてしまいます。
しかし、新しい環境を経験することができるのはおそらく30代が最後だと思います。
年齢を重ねるとできることが限られてきますから失敗を恐れずに思い切った行動が転職を成功させるカギになります。