経験や実績をフルに活用して転職を成功させよう

af9920042623l
・30歳からの転職現状
30歳から転職する場合、30歳というのは会社の中である程度の経験を積み重ねた実績のある年齢だと思います。雇用する側もそれを希望していると思います。つまり、雇用して即戦力になることを期待する、でも30歳であれば未だ若く、雇用側の会社の規則や風土に柔軟に対応できる年代ということも期待できる年代だと思います。その期待に応える自信がない場合、まず、自分の生かせる経験が何かをよく考える必要があると思います。

・30歳からの転職の探し方
30歳であれば、転職前の会社でお付き合いのあった取引先のネットワークが少なからず出来ていると思います。また、これまでの、卒業した大学の同僚や先輩たちが、その取引先でこんな人を探しているのだけれど、という求人の話を持ちかけてくるかもしれないです。そのような話がないか、頼れる周りの人に聞いてみると、直ぐには返事がなくても次第にそのような情報が集まってくる場合があります。最近、少し景気が良くなってきていることも転職には追い風だと思います。雇用側にとって、30歳を求めるということは多いと思います。40代の場合だと、会社に馴染んでもらえないかもしれないとか、20代だと一から教育しないと駄目で手間や時間がかかってしまうとか、の理由があると思います。

・30歳からの転職アドバイス
少なくても、これまでの学校を卒業してから20代後半までの経験や実績を雇用側は期待していると思いますので、何も知らない業界へ飛び込んで新しいことを始める場合でも、何かこれまで積重ねて活かせる点を見つけてアピールする必要は有ると思います。何も知らないので、勉強させてくださいという態度では、年齢的にも転職は厳しいと思います。30代で転職した場合は、3,4年でまた会社を辞めるようなことではなくて出来るだけ長く働き続けることが良いと思います。3,4年で次の会社に移ろうとする場合は、次の会社側もこの人は直ぐに会社を辞めてしまうのだと感じてしまいますからよく考えてから転職を決断することが良いと思います。